皮弁法 刺青の画像や写真を除去・消す専門家の彫師案内所

皮弁法

皮膚移植術の一種。

通常の方法と違うのは、入れ墨を入れた場所の隣にある皮膚をずらして移植するということです。これにより移植部分が目立ち難くなります。局所麻酔をして刺青を切除。隣の皮膚を切除部分にずらし縫合します。
これは高度な技術ですので、ひきつれのないようにする為には経験のある形成外科専門医の執刀が必要になります。

施術時間は大きなものでも30分程度。
2〜3日は痛みが続きますので安静にしてください。
日常生活は可能ですが、お酒は1週間程度、スポーツ(激しく動くもの)などは2週間程度控えてください。

1〜2週間後に抜糸がある為、通院が必要になります。
2週間あれば腫れ、内出血は治まり1ヵ月経てば馴染みます。
傷痕完治は2〜3ヵ月程度が目安です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。