刺青の種類 刺青の画像や写真を除去・消す専門家の彫師案内所

刺青の種類

刺青を消すにあたり、その種類によって消すまでの時間や費用は異なります。
刺青には、『和彫り』・『洋彫り』・『アートメイク』・『外傷性刺青(怪我などが原因で色素が残ったもの)』などがあり、和彫りの場合は消し難いでしょう。 ファッション感覚の刺青であれば洋彫りと言われ、通常は比較的皮膚の浅い所に色素を入れているはずです。
しかし、彫り師と言われる職人が入れた刺青は和彫りであり、皮膚の深い部分にまで色素を入れています。
その為、レーザー治療の場合は、20回程度かかることもあるそうです。
また、足首、手、指などに入れた刺青は、他の部分に入れたものよりも消し難いので気をつけてください。

既にタトゥを入れている方には意味がないのですが、これからどうしても入れたいという方には『消えるタトゥインク』というタトゥ除去に役立つものがあることを書いておきます。
Freedom-2 LLCという名前のインクで、中に特殊な成分が配合されている為、レーザーを使えば簡単にタトゥを消すことが出来るというものなのです。
タトゥを消す目的で入れる方も少ないでしょうし、タトゥアーティストの間でも議論の的になっているようですが、今入れたくても今後、例えば10年くらい経てば消したくなるかもしれないということを考えれば、大変画期的なインクではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。