タトゥ、刺青のデメリット 刺青の画像や写真を除去・消す専門家の彫師案内所

タトゥ、刺青のデメリット

タトゥを入れていると温泉、プールなどの公共施設では入場禁止となる可能性が高いことはご存知の方も多いと思います。

これから入れようと考えている方には、これに加えて1つだけ覚えておいていただきたいことがあります。それが生命保険の加入拒否です。
タトゥのある方は、その大小や場所に係わらず生命保険への加入が出来ない場合が殆どです。理由は、モラルリスク、医学的リスクの2つです。

保険会社には社会的に健全な方法で保険料を運用するという決まりがあります。タトゥを入れている方に支払うことは、現在の日本では健全な支払いだとは考えられていないので原則的に加入出来ませんし、後から分かると契約解除、告知義務違反の対象となってしまいます。
加えて、保険金を受け取った後に分かると、詐欺罪で訴訟を起こされる可能性もあるそうです。

医学的リスクの方は、タトゥを入れている方の肝炎発症率が入れていない方に比べて高い為です。
技術が進歩したとはいっても身体に傷をつけてインクを流すわけですから、様々な病気の心配がつき纏います。
尚、ファッション・タトゥであり、公務員、サラリーマンなどの職業である場合は、通常より厳しい身体検査をクリアすれば加入出来る保険会社もあるそうです。

また、タトゥを消す為の治療には保険が適応されませんので、治療費も高額になります。
気軽に入れてしまうと、現在の日本では多くのリスクを負うことになりますので、良く考えるようにしてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。